1つ★レビュアー

アウトプットブログ

『妻、プレゼント、おすすめ』と検索した旦那に知ってほしいこと

f:id:gakilog:20200506080644p:image妻にプレゼントを渡したいけど「何をプレゼントしたら喜んでくれるかな?」

〝妻へのプレゼント〟

それは旦那にとってとても大切なものですよね?

そして、

そんな大切なものだからこそプレゼント選びには失敗したくないものです。

そのため、

この記事の中では妻が確実に喜んでくれるプレゼントを選ぶ方法についてお伝えしていきます。

 

確実に喜んでくれるプレゼントの秘密

一言に『プレゼント』とは言っても、

プレゼントにも2つの種類があります

それは「良いプレゼント」と「悪いプレゼント」です。

要するに

妻がもらって「嬉しいプレゼント」と「嬉しくないプレゼント」があるということです。

その中でも

妻がもらって嬉しくないプレゼントとは、

〝 プレゼントをする人が渡したいもの 〟

つまり、プレゼントを渡した人が自己満足するためのプレゼントのことです。

私たち旦那というのは、

妻の喜ぶ顔を見たいがため、

必死になって「何をプレゼントすればいいのか?」ということを考えています。

そして、

「誕生日」

「記念日」

「何気ない日のお土産」など、

ただ、妻に喜んでもらうために色々なプレゼントをしてきました。

しかしながら、

「妻に喜んでもらうこと」

そのことが本来の目的であることを忘れ、

自分自身が妻にあげたいモノばかりをプレゼントしてきたのです。

心当たりありませんか?

つまり、旦那である私たちは〝プレゼントを渡した〟ということに日々満足してきただけなのです。

「 なんて痛いことを… 」

そんなものばかりをプレゼントされてきた妻が、

心から喜んでくれていたはずがありませんよね?

それでは、

妻が貰うと嬉しいものとは一体どんなものだったのでしょうか?

妻が貰うと嬉しいものとは?

〝妻が貰って嬉しいもの〟

それは〝妻が貰って嬉しいもの〟です。

これは一見するとバカげた話のように聞こえますが、

私たち旦那というのは、

いざ「何をプレゼントしようかな?」そのように考え始めた途端、

無意識に〝自分自身が考える妻の喜びそうなプレゼント〟を選び、

そして自己満足のために贈り物を繰り返してきたのです。

ようするに、

旦那という生き物は、妻が喜んでくれるプレゼントではなく自己満足するためのプレゼントしか思いつかないものだということなのです。

〝 妻の本当に欲しいものを分かっていない 〟

そのことに問題があったのです。

それでは、妻が本当に欲しいものを知るためにはどうすればいいのでしょうか?

妻が本当に欲しいものを知る方法

妻が欲しいものを知る方法はただ一つ、

それは、妻に直接教えてもらうことです。

「なんだそれ?」と思われたかもしれませんが、

少し違った表現をすれば

〝直接教えてもらう〟というよりも

妻が、普段から「欲しいもの」を言葉にしていることに気付くことです。

欲しいもののことを口に出して言っている

そのことに〝気付く〟ということです。

たとえば、

「〇〇が欲しい!」

「〇〇を買って!」など、

直接的に欲しいものを教えてくれることもあれば、

「いま〇〇が気になっている!」

「〇〇をどう思う?」などの

間接的に気になっているものを教えてくれることもあります。

そして、

「〇〇が壊れてしまった。」

「〇〇が古くなってきた。」などといった、

妻がいま困っていることを教えてくれていることもあるのです。

〝欲しいもの〟というのは、

決して「モノ」だけではなく

妻が「助けて欲しい!」と思っていることに対して〝旦那が手を差し伸べること〟

それも大切なプレゼントのひとつです。

大したことではありませんが、

『電球を取り替えること』

『機械モノの電池交換をすること』などの

日常生活の中あげることができるプレゼントはたくさんあるのです。

普段の会話の必要性

〝俺は仕事で疲れて帰ってきてるんだ!〟

その気持ちを口に出して言いたいときもありますよね?

〝疲れている〟

それは、それぞれの役割が違うだけで、家事や子育てをしてくれている妻も同じことなのは、他人に言われなくても理解していることだと思います。

それでも旦那である私たちは、

気持ちのどこかで〝外で働いてきた〟ということの方が「偉い」「大変」だと思っていませんか?

疲れた身体を少しだけ振り絞って、

妻の言葉に耳を傾け、

あなたにしかできないプレゼントに気付くこと。

ちょっとしたことではありますが、

そのような『少し見方を変えること』

つまり、

「見方」を変えると「味方」に変わる。

なんてね!